スポンサーサイト

0
    • 2016.07.21 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    あまぶん、ありがとうございました

    0

      7/18に開催された尼崎文学だらけ、略称あまぶん、に
      『Beyond the Cloudy Glass 』を委託させていただきました。
      ほぼ広報できていなかったにもかかわらずお買い上げがあったようで、とても嬉しくありがたく……。
      手に取ってくださった皆さま、ありがとうございました。


      当日は容が少しだけ遊びに行きました。
      尼崎って梅田からすぐなんですね!
      駅からも近いし、道もわかりやすいし、
      方向音痴の容でも鼻歌交じりに到着。
      会場になっていた二つの会議室いずれも、入ってすぐ壁際に見本誌があるので、進路に迷うことなく初動作戦が立てられます。
      そして見やすい。とにかく見やすい。
      委託販売コーナーも、各書籍の表紙がよく見えるようディスプレイされていて、本に対する敬意と愛情を感じました……うれしかった……。

      だらけブースは企画盛りだくさんで楽しかったです、曲水すさんで我ながら苦笑ものの規格外俳句をつくったり、真魚さんのブースにて「絵が描けないなら切り絵を作ればいいじゃない」宣言に目から鱗が雪崩れ落ちたり、でも切り絵でもやっぱりセンスがなかったので、容はマリーアントワネットではなくて庶民でした。
      出入り自由な雰囲気のなか、楽しく満喫して、体調が落ちる前に離脱。
      短い滞在でしたが、密度と鮮度がピカイチでした。

      本も色々買ってきました。
      いつも時差で読み終えては、「い、いまさら……かな……」などと感想述べるのをためらうのですが、今回は時差を恐れずやってゆきたい。

      主宰のにゃんしーさま、
      詩架を委託にご推薦くださった高梨來さま、
      当日会場でお話してくださった皆さま、
      ありがとうございました!

      次回のあまぶんも楽しみにしています。

      2015秋 感想つれづれ

      0
        というわけで文フリで求めた本たちの感想をぽろぽろ呟いて、スイッチが切れっぱなしでバッテリーがあがっている?!という事態がないようにしていきたい次第。
        また来週。

        水無瀬

        花と魚

        0


          花と魚『おかえりにかえる』いと花

          (Twitterで書名と間違えて著者名を挙げてしまった、しまった)
          Webカタログで見つけて即「気になる!」をして、
          当日容と交互に買いものに出て、
          示し合わせることなくジャケ買いしたのが
          私は『おかえりにかえる』であり
          容が『びょうびょうたる季節』であった辺りが詩架の詩架らしいところ。
          お互い読み終わったら貸し借りし合うのだ。

          天気のいい昼近くの午前中の日差しのなかうたた寝するような心地を味わえる本であり、
          柔らかそうに見えて刺さるとしつこく微かに痛む、そして目に見えなくて抜けない、サボテンの棘みたいな物語でもありました。
          いつでもいつだって振り回されることに柔軟でありきれない、己の余白の狭さへの苛立ちや、
          ひらいた、と実感し合えたときの交歓、その直向きな信頼、などを
          押しつけられたり説明されたりすることなく思い起こさせてくれる小説。

          よいご本でした。

          水無瀬

          第三回・大阪文学フリマに参加しました

          0

            第三回・大阪文学フリマに参加された皆様、お疲れ様でした。

            大阪文フリ、今年も熱気に満ちた、力強いイベントでしたね!
            学校帰りに立ち寄ったらしい制服の方や、ふらっと入ってきた様子の
            ご夫婦、家族連れの方がおられたのが印象的でした。
            参加者の層が固定していないということは大きな魅力だと思います。
            詩架の購入した本も、初めての作家さんのものが多く、
            読むのを楽しみにしています。

            産休明けの参加で、入稿が5日前になったり、
            前日に釣銭の準備を思い出したり、なかなか調子を取り戻せない
            部分もありましたが、終わってみると、懐かしく、また新しい出会いに
            心躍る一日でした。

            遊びに来てくださった皆様、本当にありがとうございました!

            ----

            恒例売上報告。

            Beyond the Cloudy Glass 11冊
            無垢 3冊
            Kitchens' 2冊
            尖晶 5冊
            翼果集 3冊

            計24冊。

            前回からは少し向上したものの(前回は身内の買い上げも多かったので……)、
            新刊のCloudy Glassが11冊、準新刊の無垢が3冊というのは、少々寂しい結果でした。
            今回は広報をほとんどできなかったこと、展示に労力を割けなかったことなど
            目に見える反省点もありますので、次回に向け改善していきたいと思います。
             

            第十九回文学フリマに遠隔参加

            0
              第十九回文学フリマに、詩架は出店しておりませんが、

              西瓜鯨油社さんの

              『逃避癖のための句誌</haiku id="02">羇旅』(60200円)
              に参加しました。
               
              水無瀬、容が個々に作ると、それなりに嗜好と志向が反映された
              色合い違うものができるのですが、せっかくなのでユニットとして十句。
               
               牟礼鯨さんの素敵な紹介文を引くなら
              「生ける二句一章として不即不離に文章表現の可能性を拡張する10句。」
               
              今号の副題は「羇旅」、「旅/瞬間」がテーマです。
              ふだんは散文を書いている22組(詩架は二人で一組)が
              どんな俳句を作るのか は勿論として
              巻末に収録された各自の「墓碑銘」も楽しみのひとつ。
              旅立つ22組の俳句と墓碑、硬貨2枚で、お連れください。
               
              詳細はこちら。http://suikageiju.exblog.jp/
               
              **
               
              初めての句作にあたって参考になった読み物。
              http://www.amazon.co.jp/dp/4044094055/ref=cm_sw_r_tw_dp_NsCCub0C7320Y
               
              秋山真琴さんの紹介記事を読めば俄然興味が湧きます。
              http://d.hatena.ne.jp/sinden/20140601/1401557678
              秋山さんも句誌に参加されています。楽しみですね。
               
              作ったり読んだりしての印象ですが、俳句は
              「無心の写真」として読み手の心象を投影されるもの 
              「比喩の核心」として読み手の心象に迫るもの
              大別して二種類があるのでは。
               
              言葉を装飾して悦に入っているだけでは
              三秒で記憶から消去されるのが小説なら
              俳句はそもそも記憶に残らない。
               
               作法と作為の攻防がスリリングな創作ですね。

               

              calendar
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              2627282930  
              << November 2017 >>
              PR
              xsiicax @Twitter
              selected entries
              categories
              archives
              recent comment
              recommend
              links
              profile
              search this site.
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM