<< 第18回文学フリマ@東京 | main | 第十九回文学フリマに遠隔参加 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.07.21 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    第二回・大阪文学フリマに参加しました

    0
      恒例の売上報告から始めたいところですが、
      手元にデータがなく相方が寝んでしまったので、
      ええと、準新刊と新刊まとめてざっくり20冊ほどでした。

      純文学のエリアから離れた位置取りだったためか
      当日売上がかなり低かったですが、
      通販のお問い合わせを数件戴いております。
      新刊『無垢』が一人でも多くの方に届くことを嬉しく思います。 

      「売る」という行為から、図らずも距離をとって参加することに
      なった今回でしたが、いつもとは違うエリアに身を置いてみると
      文学フリマ出展者の幅広さに気づかされました。
      そしてお目当てであっただろう周囲とは色合いの違う詩架ブースでも
      足を止めて、本を手にとってくださるお客様がた。
      書籍がまだ愛されている存在であることを体感できる、幸福なイベントでした。
      この恩返しは、感想で。

      前日に文学について談話する機会あり、自らの書くものを何と呼びたいかと
      訊ねられたとき、私の口を衝いたのは「物語」でした。
      そうではなく「文学」と、「文藝」と、あるいは「作物」と
      呼びたい人もいるでしょう。それらがすべて平面に並びあって、
      書き手同士が行き来することで、おそらくまた新しい呼称のものが
      生まれていく、豊かな場所に大阪文学フリマが育ちますように。

      事務局の皆さま、参加者の皆さま、お疲れさまでした。
      またお会いできる日を楽しみに。

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.07.21 Thursday
        • -
        • 23:26
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        xsiicax @Twitter
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM