<< 第二回・大阪文学フリマに参加しました | main | 第三回・大阪文学フリマに参加しました >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.07.21 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    第十九回文学フリマに遠隔参加

    0
      第十九回文学フリマに、詩架は出店しておりませんが、

      西瓜鯨油社さんの

      『逃避癖のための句誌</haiku id="02">羇旅』(60200円)
      に参加しました。
       
      水無瀬、容が個々に作ると、それなりに嗜好と志向が反映された
      色合い違うものができるのですが、せっかくなのでユニットとして十句。
       
       牟礼鯨さんの素敵な紹介文を引くなら
      「生ける二句一章として不即不離に文章表現の可能性を拡張する10句。」
       
      今号の副題は「羇旅」、「旅/瞬間」がテーマです。
      ふだんは散文を書いている22組(詩架は二人で一組)が
      どんな俳句を作るのか は勿論として
      巻末に収録された各自の「墓碑銘」も楽しみのひとつ。
      旅立つ22組の俳句と墓碑、硬貨2枚で、お連れください。
       
      詳細はこちら。http://suikageiju.exblog.jp/
       
      **
       
      初めての句作にあたって参考になった読み物。
      http://www.amazon.co.jp/dp/4044094055/ref=cm_sw_r_tw_dp_NsCCub0C7320Y
       
      秋山真琴さんの紹介記事を読めば俄然興味が湧きます。
      http://d.hatena.ne.jp/sinden/20140601/1401557678
      秋山さんも句誌に参加されています。楽しみですね。
       
      作ったり読んだりしての印象ですが、俳句は
      「無心の写真」として読み手の心象を投影されるもの 
      「比喩の核心」として読み手の心象に迫るもの
      大別して二種類があるのでは。
       
      言葉を装飾して悦に入っているだけでは
      三秒で記憶から消去されるのが小説なら
      俳句はそもそも記憶に残らない。
       
       作法と作為の攻防がスリリングな創作ですね。

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.07.21 Thursday
        • -
        • 20:37
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        xsiicax @Twitter
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM