スポンサーサイト

0
    • 2016.07.21 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    埒外

    0
       
      『埒外』 A5コピー、20ページ、200円。
      オカルト/夏/ノット耽美/某アニメへのオマージュ含む。短篇4編+巻頭詩。


      ・かげろう                                                ―容
      ・Without hope, we live in desire.              ―水無瀬
      ・朱光                                                    ―容
      ・青春時代の真紅なHEROとオカルト娘に敬意を       ―天根和幸
      ・仮夜                                                    ―容
              
      -------------------------------------------------------------

      2012夏COMIC CITY大阪新刊です。

      表紙はこちら。あかばらさの天根和幸氏が描いてくださいました。
      のみならず本編も寄稿くださっています。いつも……ありがとう……。



      草いきれとか、夏の蚊柱とか、鬱陶しいような懐かしいような感情を
      抱かせる事物と、夏の暑さに輪郭を溶かされていく人の姿、を書いてみたかった。

      そのときの既刊『不在』『未題』が耽美中二系だったので、
      ノット耽美! の縛りを設け、夏だからオカルトの香りづけをしてみました。

      以下、各書き手のものを一つずつ、冒頭抜粋です。



      「山あいの町の秋は早い。傾いた陽射しにひぐらしが鳴く。彼女は無人の駅に降りる。
      木造の駅舎は手を入れればそれなりに観光地らしくなるものを、古く錆びた金網の
      ゴミ箱や蜘蛛の巣の張った自動販売機が景観を損ねている。ひぐらしに秋の気配を
      知っても太陽はまだ充分に残暑だ。鞄を開けて手巾を取り出して滲む汗を拭う。
      彼女は全身真っ黒な服を着ている」              ―「Without hope, we live in desire. 」

      「彼女は名をまりあという。聖母と同じ音に漢字を当てる。彼女は常にメダイを携帯しているが、
      それは彼女が信仰深いからではない。メダイを入れた小さな別珍の袋には、ほかに水晶・
      アメジスト・ローズクォーツのチップ、ミサンガ、五芒星が縫いとられたお守り、象の尾と言われる
      草が埋め込まれた銀細工のリング、ガラス細工のドールの眼球、魔法の粉を包んだパラフィン紙、
      それから……。」                              ―「青春時代の真紅なHEROとオカルト娘に敬意を」


      「見返り坂を上っている。世ならぬものが視える坂だと人は言う。いわく、己の最期が。いわく、
      己の過ちが。いわく、択んだ愛の行く末が。 私はいずれも欲していない。何故って、もう死んで
      いるからだ。時系列が意味を失って久しい。過去は流れ、未来は閉じた。現在という一点の
      連なりに身を委ねおそらく数十年を経た。」
                                                       ―「仮夜」


      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      PR
      xsiicax @Twitter
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM