スポンサーサイト

0
    • 2016.07.21 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    『春暁』ご紹介

    0

      『春暁』 A5コピー、48ページ、300円。
      企画本/三題話/現代・恋愛・随想・妄想・幻想なんでも/短編10本+豪華イラスト


      ・Which Colour Do You Like? ―水無瀬
      ・ラムネ ―紫
      ・カゴのなかのコイゴコロ −石田麦
      ・赦し ― 山下慶一
      ・エターナル・バブル −姫神雛稀
      ・渦中である ―天根和幸
      ・眠れない −深瀬 終
      ・夜明けの手紙 ― 正井
      ・Whichever Colour You Choose ―容

      -------------------------------------------------------------

      2013春文学フリマin大阪新刊です。

      表紙はこちら。泉井啓様が描いてくださいました。
      「表紙描いてください!」と無邪気にお願いしたら、激烈美少女が何人もでてきて、
      選びきれなくて中表紙にも、奥付にも、かわいい女の子がいます。
      もうなんといっていいのか……ありがとうございます……。



      なんて華やかなの。

      いつもなら各作品の冒頭抜粋をしますが、ゲスト様多数かつ別サークルからの
      参加者もいらっしゃいますので、今回は詩架の浮かれまくった後書きを全文抜粋して
      ご紹介に代えさせていただきます。


       『春暁』を手にとってくださって有難うございます。愉しんでいただけましたでしょうか。
      本書は、「泡」「籠」「暁」の三題を含む作品、ジャンルは問わない、という企画で
      製作しました。
       詩架はふたりぽっちなのにゲスト様九名、書名ページ数ありきの三題噺などという
      無茶振りを快諾くださった友人がこんなに居るなんて、私たち人脈石油王じゃなかろうか。
      詩架は皆さまのご好意で継続しています! とりわけ表紙に始まる多数のイラストを描いて
      くださった泉井啓様に最敬礼。まさに春の息吹を感じる、華やかで凛とした女の子たちに
      うっとりです。なんとノベルティ栞まで戴き……言葉もない……(十五名様限定配布です)。
       水無瀬と容の短篇は対になるよう作ってあります。企画側ですので折句もどきを
      仕込んでみました。ヒントは本書タイトル、英語、一文字ずつ、です。分かった方は
      Twitterかブログで是非お声がけを。回答もブログに掲載しますね。
       最後に、ゲスト各位に改めてお礼を。皆さま本当に素敵な作品たちをありがとう。
      企画編集している、その時間が既に春でした。読んでくださったあなたにも、心地よい
      春のひとときをお届けできたことを願って。


      さて、この後書きなどで言及している「折句もどき」の種明かしを。
      続きは畳みます。





      続きを読む >>

      詩架☆70冊以上のお買い上げ有難うございます☆第16回文学フリマin大阪

      0
         
        行って参りました。
        まずは売上報告から。

        ■新刊

        『翼果集』16冊
        『尖晶』22冊
        『春暁』25冊

        言葉と物語をテーマにした詩架新作、『尖晶』および
        豪華ゲスト様をお迎えした企画新作、『春暁』とも
        発行部数50部の半分が売れたことになります。(身内献本除く)

        ■既刊

        『埒外』5冊、
        『未題』2冊、
         『Live Flowers』2冊、

        50部刷った『未題』は遂に残すところ一冊。
        先に完売した双子『不在』に、やっと追いつきそうです。

        ■総計:72冊

        たくさんのお運びとお買い上げ、本当にありがとうございました!

        ----------------------------

        容は文学フリマの会場に初めて行ったのですが、
        オリジナルの一次創作が飛ぶように売れる現場を目撃し、感動しきりでした。
        店頭読破の勢いで真剣に冊子を吟味し、コンセプトやサークルポリシーについて
        尋ねてゆかれるお客様も多く、恥かしがる隙もないほどの心地よい緊張感を
        愉しんでいるうちに、あっという間の五時間が過ぎました。

        詩架と懇意にしていただいていた方にご挨拶できましたし
        かねてより拝読してみたいと思っていた方のブースにも伺えましたし
        まったく知見のなかったジャンルの創作にも触れることができ。
        書物の終焉を見ずに天寿を全うできるのではないかと、ひそかに希望を持ち直しました。
        (書物絶滅種論を不本意ながら提唱していた容だったのですが)
        (対して水無瀬は絶対に認めない、書物はほろびないと主張)


        ところで詩架は売上というものを割に気にします。
        それは水無瀬と容のお財布事情に起因するものではなく、
        むしろ詩架くらいはお金で解決するヤラシイ社会人力を発揮しておけばよく、
        ただただ、「本気で一生続けたい」「たくさんの方に手に取っていただきたい」と
        願っているためです。もう信念と言ってもいいです。

        なにも劇的なことが起こらない、一見するとストーリーさえない、
        けれど世界の主人公である「自分」にとっては、視界が反転するほどの事件。
        そういう体験ありませんか。 そうですね、恋愛なんかはその最たるものでしょうか。

        客観すれば語るまでもなく、吹けば飛ぶほどのことがらを、
        あくまで主観に偏って偏って、大事に記録しておきたい。
        読み手が、「よくわからないけれど心に響いた」と思ってくださる文章を、
        日常に寄り添える文章を、私たちの人生の変遷と共に、できれば多くの方と共有したい。


        感覚派創作集団、という一般に通用しづらく耽美な呼称を冠していることにつき
        複数のお客様からご質問いただきましたが、
        そのココロは、こんな感じだったのです、と後付けで理屈を申し上げてみました。
        長文失礼いたしました。

        さて。
        一週間ほど休憩したら次回作に向け始動します。
        Twitterでの予告どおり、「うすぐらいえろほん」の予定です。

        今後ともぜひ、ごひいきに。



        http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20130414

        『春暁』予告

        0
           
          2013春文学フリマ新刊『春暁』
          コピー本、48ページ、300円。  
          短篇9編+豪華表紙と随所にイラスト。


          ずっと「耽美」と形容されそうな冊子ばかり作ってきましたが、
          記念すべき大阪文フリ、そして春! にあわせて
          ポップでカラフルなものを作ろう、と企画しました。

          「泡、籠、暁」での三題噺ばかり集めた短篇集です。
          かつ、文字数も「●●字以内」ではなく、「見開きで2ページちょうど」と
          幅の狭い指定をさせていただきましたが、
          快諾くださったゲスト様方のレベルの高さよ!しかも仕事が速かった!!

          -------------------------------------------------------------------
          ゲスト様と作品タイトル一覧です。(敬称略)
          まだ収録順は確定ではないので、順不同です。

          泉井啓        表紙、中表紙、奥付
          正井           夜明けの手紙
          紫              ラムネ
          まぬけづら    うたかた
          姫神雛稀     エターナル・バブル
          天根和幸     渦中である
          石田麦        カゴのなかのコイゴコロ
          深瀬終    眠れない
          山下慶一     赦し
          水無瀬      Which colour do you like?
          容           Whichever colour you choose
          -------------------------------------------------------------------

          一歩間違えばありふれたテーマになりそうな三題ながら、
          ネタが被ったものが一つもなく、文体も濃淡もそれぞれ異なる、
          読み応えのある一冊となりました。
          もちろん水無瀬と容も書いています。いちおう企画者なので趣向を凝らして、
          『春暁』という書名にちなんだ「折句もどき」を二人の短篇には組み込みました。
          ヒントは、二人で半分こ、英語、です。
          原稿読んでくださったゲスト様数名に考えていただきましたが、
          まだ正解者は出ておりません。
          結構分かりやすいと思うんだけどなー。
          よろしければお手に取って、考えてみてくださいね。


          泉井啓様の超きらっきら素敵なイラストの片鱗をこの子で!



          あーかわいい。買い占めたい(おまえがかい)

          表紙はもっともっと彩りに溢れ華やかで春の息吹です!
          どうぞ実物を見に、詩架ブースA17へ!!



          4/14 第十六回文学フリマ 個人誌発行のご案内

          0
             
            一週間前だというのに新刊を二冊追加します。
            以下Twitterから転載(一部加筆修正)失礼いたします。

            ・新刊追加のご案内です。水無瀬・容それぞれ個人誌コピー本を出します。
             水無瀬『UndertheSun』清春本、容『Hearts Fictions』吉井本です。
             両方ともご本人とは一切関係なく、キャラ萌えでもなく、一次創作ですが
             フルオブラブ。
             我々の人生には彼の音楽が常に鳴り響いています。

            ・一次創作なので、清春/吉井和哉をご存じなくても 普通に小説として
             読んでいただけます。
             内訳は、『Hearts Fictions』は掌編6本、青春系2本と恋愛系4本。
             『UndertheSun』は薔薇百合取り混ぜて6本、うち1本だけ
             清春という人に触れたものがあります。

            ・UndertheSun』は書いてる途中のようですが死んでも書くそうなので出ます。
             偶然ですが、ゴシックで絢爛な『UndertheSun』と毎日飲む水を目指した
             『Hearts Fictions』、対照的な仕上がりになっています。
             ロック聴かない興味ない、かたも、ぜひ一度ご覧になって。

            ・というわけで、新刊五冊という暴走創作集団「詩架」@文フリA17ですこんばんは。
             
             −再録+新作『翼果集』、
             −三題噺での豪華ゲスト様企画本『春暁』、
             −言葉の迷宮、オフセット新刊『尖晶』、
             −個人誌
                ・水無瀬/清春『UndertheSun』
                ・容/吉井和哉『Hearts Fictions』。
               ご本人とは一切関係ありませんしご本人も出ません。

            ・一冊くらいはお気に召すかも。

            第十六回文学フリマに参加します@A17

            0
               
              改めての告知です。
              第十六回文学フリマに参加します。

              -----------------------------------------------------------------------


              ■日時、ところ

               4/14(日) 11:00〜16;00

               堺市産業振興センター イベントホールにて
               (地下鉄御堂筋線「なかもず駅」、南海高野線「中百舌鳥駅」徒歩3分)

               文学フリマ詳細頁:http://bunfree.net/?16th_bun

              ■今回は3冊新刊を出します。

              1.『春暁』 (40P、300円) コピー本


              「泡、籠、暁」の三題噺ばかり収録した企画本。
              ゲスト様を豪華に9名お迎えし、表紙までお願いしてしまいました。
              本編が10本で表紙の泉井啓様による超うつくしいイラストがふんだんに掲載されています。
              詩架史上もっともポップでカラフル、明るくかろやか、春、な本であることは間違いない!
              これ300円で売っていいのかってずっと悩んでるくらいすばらしい本が出来そうです。
              詩架は皆さまのご厚意で存続しています……。大変ありがとうございます……。


              2.『尖晶』(80P程度予定、500円) 新書オフセット(2段組)

              スピネル、という鉱物の和訳を冠した新書オフセット。
              言葉と語りという王道テーマを扱っていますが、切り口がどこまでも詩架すぎて
              かなりエッヂのきいた仕上がり。
              水無瀬・容とも今回は比較的長い作品を用意しました。水無瀬が3万字、容が1万4千字。
              水無瀬の作品(仏題:エクリチュール)では語り手たちが塔を駆け上がり、
              容の作品(和題:バベル)では語り手たちが塔を築きます。

              容の友人・緑川氏に表紙を描いていただきました。(詩架は皆さまのご厚意で)(以下略)
              中央に塔がそびえ、太陽と月と女の髪とが配置された幻想的な表紙です。
              超かっこいいのでお財布をはたいて箔押しすることにしちゃいました!


              3.『翼果集』 (184P、800円) 新書オフセット(2段組)

              既にご紹介した『不在』『未題』の全編を再録し、その他
              『埒外』 『無想』から1本ずつを再録、さらに新作を3本書き下ろした
              再録本です。再録本という言葉の意味をちょっと分かっていません(笑)
              配置を大きく変え、単語表記をこまごまと直し、新作を混ぜてくっつけてみたら
              かなり印象の異なる冊子に仕上がりました。
              『無想』は2012夏インテの新刊無料配布冊子でしたが、すべて配布完了していますので
              もう読めないんですよ、この本でしか! とアピールしてみます(うわめづかい)

              表紙は版権の関係で掲載できませんが、神々しいまでに美しい図書館の画像です。
              すべての書物を愛するあなたに。

              -----------------------------------------------------------------------

              取り急ぎ。もう少し詳しい新刊予告を、順次UPしたいなって思って、ます!


              calendar
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << August 2017 >>
              PR
              xsiicax @Twitter
              selected entries
              categories
              archives
              recent comment
              recommend
              links
              profile
              search this site.
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM